主婦が住宅ローン返済?勝てるFX

外国為替証拠金取引であるFXで主婦が住宅ローンを返済していく状況が増えてきています。 - 電子マネーで気を付けておきたいこと

電子マネーで気を付けておきたいこと

電子マネーで特に気を付けておきたいのは、有効期限が定められているということです。
電子マネーは、最後に利用した日から、全く口座が減らない状態が一定日数続くと、残された金額の有効期限が切れて、残高分すべてが無駄になってしまう恐れがあります。
FX口座に入れたお金については、有効期限は定められていませんから、その点では安心です。
FXのキャンペーンなどで色々口座を開設して、そのまま放置しているという人も多いでしょう。
口座にしばらくアクセスしなかったとしても、(幽霊部員のようなものですね)残高分が使えなくなっているといった心配はありません。
たとえ10年や20年以上放置していたとしても、口座や残高は利用可能なまま残されているでしょう。

http://sec.himawari-group.co.jp/

しかし、アクセスしない期間が長期にわたると、手続きを踏まなければログインできなくなっていることがあるので注意してください。セキュリティを守る上で仕方のない措置です。手続きには結構手間がとられてしまいます。
いずれにしても、こまめにアクセスして残高を動かすことが大切で、それさえできればこれらのリスクを防げます。

利用制限をかけることができる

電子マネーやFX口座は、いずれも誰かから悪用されないために、利用制限をかけることができるのが特徴です。
たとえばクレジットカード機能付きの電子マネーを紛失した場合は、もしも誰かに悪用される前に、業者に連絡してその電子マネーを使えないように制限をかけることで、被害を未然に防げるというわけです。
また、自分が電子マネーを悪用した場合も、業者によって強制的に利用をストップさせられることがあるので気を付けてください。
これは、キャッシュカードと似たようなことで、紛失盗難に遭った時に利用できなくする手続きと同じですね。
FX口座についても、利用制限をかけることは可能です。詳しい手続きの仕方については、契約時の約款に書かれていると思います。私も、問い合わせをして確認してみました。
その際に、今持っているポジションは強制的に決済されることになるので、もしかしたら損が出るかもしれませんが、そのまま悪用されるリスクにさらされ続けるよりはましでしょう。
FX口座の場合も、規約に反するような行為をすると、強制的に取引をストップされる場合があるので注意してください。

FX以外にも住宅ローンを軽減できる

ホムロン 住宅ローン借り換え:http://jyutakuloankarikae.net/
┗住宅ローンには場合によって固い審査が必要になる場合があります。その際に必要な情報をお教えします。